車中泊にサブバッテリーは必要?不要?

車にサブバッテリーとインバーターを設置して電気を使用しているヘビーユーザーの方もいるようですが、必要でしょうか。それとも普通に楽しむ分にはそこまでする必要はないでしょうか。

 

youtubeで車中泊DIYをしているのをよく見かけます。後部座席を自分が好きなように改造して楽しんでいらっしゃいます。

 

その動画の中で車の後ろにサブバッテリーとインバーターを使ってオリジナルのポータブル電源を製作し、電源供給をされているのを見ました。

 

インバーターの数値を見たら2000Wとなっていました。2000Wということは車中泊しながらでも電子レンジやドライヤーだって使えるということになります。

 

うらやましいなと思う反面、自分は電気配線に疎いのでトラブルがあったときの対処も分からりません。「自分もやろう」とまでは気持ちがいきません。

 

サブバッテリーの必要性はいかがでしょうか。体験談を見ながら必要かどうかチェックしていきましょう。


通常レベルならポータブル電源で十分では

サブバッテリーはあったら大活躍するのは間違いありませんが、とにかく重い。インバーターと一式そろえたら数十キロにもなります。

同じ電源供給システムのポータブル電源は、サブバッテリーほどの容量はないけど持ち運びが出来る点があります。どう使うかによるということですね。

とことん車中泊にこだわった装備を作りたいのであればサブバッテリーとインバーターのセットは是非とも欲しいところです。

車中泊だけでなくキャンプなんかでも使いたいということであれば持ち運びが自由なポータブル電源が勝手がいいですね。

親から譲り受けた古いエブリイワゴンを自分専用のキャンピングカーにするべくサブバッテリーとインバーターを購入しました。

 

10万くらいかかりましたが、自作でキャンピングカーが出来ていく過程を見ると楽しくてしょうがありません。

ポータブル電源だとあまりにも完成されすぎていて配線とかが好きな私にとっては、サブバッテリーを買って自分で作りたいと思いました。

使用できる電気量がポータブル電源とはぜんぜん違います。家族で車中泊とか本気でやるのであればサブバッテリーを搭載した方が良いでしょう。

 

バッテリーが上がったらどうしようという不安もなくなりますしね。

1人か2人で寝る前の2時間程度しか電気を使わないのであればサブバッテリーのシステムは必要ないですね。ポータブル電源で十分です。

車内でホットプレートを使いたい、ドライヤーを使いたい、冷蔵庫を使いたいという気持ちがあるならサブバッテリーが必須となります。

いろいろと自作で電気供給システムを作りました。サブバッテリー、インバーター、チャージャー等を買って少しの配線知識があれば十分に自作できます。

 

自作でやればポータブル電源とそう変わらない5〜7万円で結構なものが作れますよ。

サブバッテリーとインバーターを載せた経験がある人ならポータブル電源はかなり物足らなさがあると思います。とにかく電気の残量を気にせずに思いっきりしようできるのが最高です。

目いっぱい電気が使える点ではサブバッテリーが優れているに決まってますが、ちょっと電気配線等の知識が必要な部分があります。

配線等の知識がないと電気供給がうまくいかなくなったときのトラブルに全く対応できません。知識がない方は無理せずにポータブル電源にしておきましょう。

朝起きてからドライヤーで髪をセットしたいんですが、ポータブル電源では対応が厳しいです。サブバッテリーを考えているけど電気詳しくないから設置するのに不安があります。でも欲しいなー

夏のレジャーで欲しくなるのがクーラーボックスです。でも真夏となると普通のクーラーボックスに保冷剤を入れただけでは1日持ちません。電気を使った保冷機があるとすごく助かります。

 

でも保冷機を車内で使うにはそれなりのバッテリー容量が必要となります。ポータブル電源でもできますが、何時間持つのかなという心配をしながらの使用になりますよね。

 

そこでもっと容量の大きいサブバッテリーを積んでいれば保冷機もじゃんじゃん使えるし、いつでも冷たいジュースもキンキンに冷やした濡れタオルも使えるわけです。

 

そう考えると、ディープサイクルバッテリー・インバーター・走行充電器のセットは、車中泊でなくてもレジャーでも「可能であれば」1台車に積んでおきたいですね。

昔は電気にある程度詳しい人が自分で廃バッテリーを使ったりして組み立てていたものですが、最近はサブバッテリーとインバーターのセットで一式売ってあったりします。

 

知識のない方でも説明書のまま線をつなぐだけでサブバッテリーシステムが出来上がる時代です。非常にいい時代になりましたね。

 

料金的にも10万円もかからずに一式揃えられるので本格的に車中泊やキャンプなどレジャーを楽しみたい人は車に積んでおいたほうがいいでしょう。

 

夏に温度調整できる保冷機が使える、冬にヒーターが使えると、ものすごく同乗者に感謝されるし「あってよかったな」と思えるものですよ。

あったらいろいろできて便利であることは間違いありません。物によってはドライヤーや電子レンジやセラミックヒーターだって使えますから。

 

ポータブル電源とは用途の幅が全然違います。ただ値段が高いこともあるし、場所はとるし、重いし、メンテナンスを考えたら電気系統の多少の知識も必要です。

 

そういう面倒なことが不要だからポータブル電源が人気となっているわけですね。でもサブバッテリーがあると便利であることは確かでしょう。

 

1人や2人での車中泊であればわざわざサブバッテリーを取り付ける必要性はどうかな。自分の車を本格的なキャンピングカーに近づけたいのであれば準備したほうが良いですね。

この高性能のポータブル電源がいろいろ出てきている中でサブバッテリーが絶対に必要かというとちょっと微妙です。少なくとも私は買わないです。

 

ポータブル電源で十分に車中泊が楽しめているので。サブバッテリーを一式揃えるとかなりの重さになりますよ。ずっと車に取り付けたままにしておけば大丈夫。

 

女性の方でドライヤー使いたいとかがあれば必要性がぐっと高くなります。

わたしはどうしても車にサブバッテリーを取り付けたかったので自分で組み立てました。出力2000wの使用が可能です。ドライヤーだって冷蔵庫だってOKです。

 

サブバッテリーだけでなく走行充電器もつけています。電子レンジを車内にどうしてもおきたかったので意地になって取り付けました。温める機能があれば車中飯は大丈夫かなと思いまして。

 

電子レンジを使う予定がなければサブバッテリーは設置していないと思います。ポータブル電源で十分ですね。

自分はかなり悩んだ結果サブバッテリーは諦めました。5万前後のポータブル電源を購入しました。悩んだのは正弦波にするかどうかという部分でした。

 

サブバッテリーとなると正弦波では10万くらいかかってしまう。ポータブル電源なら半分以下で買える。もちろん容量の大きさの違いはありますが。

 

お湯を沸かすならカセットコンロでいいか、扇風機や電気毛布を使うのであればポータブル電源でいいかという結論となりました。なんとか5万以内で正弦波が欲しかったんで。

かなり本格的に車中泊をする方や、車内で調理したり冷蔵庫を置いたりといったことをしようと思っているならサブバッテリーの設置は必要かもしれません。

 

逆を言うならばそこまでのことは考えていないというのであれば、サブバッテリーは必要なく市販されている4万円前後で売ってあるようなポータブル電源で十分でしょう。

 

ポータブル電源は台風など緊急事態のときの電源確保にも持ち運んで使用できるので確実に1個は持っていたほうがいいものといえます。

 

でもサブバッテリーは確実に持っておいたほうがいいものかどうかといったらそうは思いませんね。

サブバッテリーいるかなー。どうだろう。分かりやすいところでいえば、1泊2日のような車中泊であればポータブル電源で十分。1週間のどこどこ1週旅行なんて場合は必要かも。

 

ソーラー充電などの装備があれば1週間旅行であってもポータブル電源でいけるかもしれません。とにかくどのくらい電気を使用するかによりますね。

 

1人旅であれば不要であっても、家族で動く車中泊となればそれだけ電気も使うでしょうからサブバッテリーは重宝するでしょうね。

経験談をまとめると

私もサブバッテリーとインバーターの設置は本気で考えましたがあきらめました。理由は大きく分けて3つありました。

 

1、最近のポータブル電源のレベルがどんどん上がってきているということ。

 

2、電気に詳しくないから設置できたとしても後のメンテナンスに自信がないこと。

 

3、キャンプもするので車外に持っていけるほうがいいかなと思ったこと。

 

これらの理由でサブバッテリーの設置はあきらめました。でも今でも「サブバッテリーがあったらなー」と思うことは何度もありますけどね。

 

もしポータブル電源では満足できずに電子レンジやドライヤーも使いたいという方がいればサブバッテリーの設置にチャレンジしてみるといいでしょう。

 

かかる費用はピンキリでしょうが、10万円もあれば結構なものが設置できそうですよ。正弦波か擬似正弦波かでかなり値段が変わってきます

 

車に載せたら本格的なキャンピングカーに変身できるかな。


こちらのページもご覧ください