車中泊のためにわざわざエアマットを買う必要あるの?

車中泊で寝心地を良くするためにエアマットを使用する方も多いでしょう。皆さんどのようなマットを使われていますか?というかそもそも必要ですか?

 

どれだけ快適性を求めるかで要不要が変わってくると思います。また仮に快適だからといって家族分揃えるとなると金額的に結構きついし。

 

余計な出費をしたくないからと家で使っている布団を持ち込む人もいるでしょう。それでいいのか、それともエアマットを別途買ったほうがいいのか。

 

経験者の皆さんの体験談を参考にしたいです。それでは見てみましょう。


寝心地を考えたらエアマットは必須です。

私はエアマットを敷いています。ただ車中泊をするときの絶対的なルールとして「お金をかけない」としているので、車中泊のために専用のマットを購入するとかはしません。

 

ニトリで買った普段家の寝室で毎日使っているマットを車中泊旅行のときに車の後部座席に積んでいきます。軽バンに乗っているので寝るときにはフルフラットにできるし、折りたたんでいるマットを伸ばせば寝床は完了です。

 

もともと固めが好きなので、車内に敷いてもボコボコしないし仮眠をとる程度であればコレで十分です。ただ車中泊で数日かけて旅行をするぞって場合にはちょっと無理な感じはしますけどね。

車中の環境が凹凸が少なくてフラット状態が作れる車種であればわざわざ車中泊のためのマットを購入する必要はないかも。

 

フラットであればどのようなマットでもいいし、私のように別にニトリのマットでも何の問題もありません。もしフルフラットにならずに凹凸が気になるレベルであればエアマットがあるといいと思います。

 

ネットでも3000円くらいで売ってありますよね。家族のことを考えて2個くらい持っていれば、車中泊のときだけでなくキャンプをするときにもテントの中に敷いたりできるし重宝します。

フラット時のボコボコが気になる場合は、数センチの厚みのあるエアーベッドがいいですね。厚みはあればあるほど寝心地はよくなりますが、厚くなると車高が低くなってしまうので頭が天井についてしまいます。

 

「車中泊のためだけにエアマットを買うのはもったいない」と思う人もいますが、実際に買って持ってみると車中泊以外でもいろんな場面で使用ができて結構重宝します。

 

車中泊やキャンプなど家族でアウトドア系を楽しもうと思ったら必須アイテムでもあります。

寝心地に関しては人それぞれ妥協の度合いが違うのでなんともいえませんね。完璧なフルフラットを求めるならかなり厚いエアーベッドが必要になりますし、とりあえずの感じだったら家の敷布団でも十分ですし。

 

要は自分が求めている寝心地レベルがどこかということですね。ちなみに私は車中泊を何度か経験していくうちに必要性を感じて自動で空気が入るエアマットを買いました。

車中泊を何日連続でやるか、どのくらいの頻度でやるかで違ってくるでしょう。1年に2〜3回しかやらないのにわざわざお金をかけてエアマットを買うのはもったいないです。それなら家の布団で我慢しておきましょう。

 

逆に趣味として毎週のように車中泊したい、近いうちに1週間連泊で行く予定がある、家族で毎月旅行に行こうと思うのであれば、しっかりと寝床を作ってエアマットを買って万全状態で寝れるようにしたほうがいいでしょう。

たぶん車中泊を楽しいと感じている人のほとんどはエアマットを持っているんじゃないかな。言い換えればエアマットを敷いて寝るようになってから楽しく感じられるようになたのかもしれません。

 

なぜなら家のベッドと同じような感覚で寝れるようになるから。快適さを感じないと車中泊は楽しめませんからね。

エアマットでなくてもニトリの折りたたみマットでもいいと思います。何なら家で使ってる敷布団でもいいでしょう。とにかく床にしくものが1つあるだけで全然違います。初心者の方は家の敷布団からスタートしてみては。

車中泊だけでなくキャンプも家族で楽しみたいと思ってエアマットを2つ買いました。なかったらなかったでそれなりの対応もできますが、やはりあると便利さも快適さも違います。

 

自動膨張式で簡単に膨らむので夜に車中泊先に到着してからでも手間なく寝床を作れるのがうれしいです。

とりあえずフルフラットにできるからいいかと何もいじることなく車中泊を続けていましたが、とある知人とキャンプに行ったときに知人がエアマットを使っていました。

 

ちょっと寝そべらせてもらったら何と寝心地のいいこと。話を聞くと車中泊する時もつっているそうです。わがまま言って知人の車を車中泊時の形にしてもらってエアマットを乗せてみました。

 

そこに寝てみたところ何と寝心地のいいこと。今まで「いいか」と思っていた自分を後悔しました。すぐにネットでポチりましたよ。

 

知人が厚さ5センチ以上あれば大丈夫じゃないというので、5センチのエアマットを買いました。これで車中泊時の熟睡時間が劇的に変わりましたよ。

車中泊は車の中で寝泊りするわけですから、快適性を求めるのは難しいです。でもそんな中でも少しでも心地よくしたいのも正直なところです。

 

基本的にはどんなに快適さを求めてベッドメイキングをがんばっても家のベットには勝てません。そこはしっかりと妥協しないといけませんね。

 

車中泊で家のベッドに近づける最大限のグッズといったらエアマットです。仮に完全なフルフラットになる車であってもエアマットがなければ寝心地は悪いです。

 

家だってフローリングの上に寝たら痛いでしょ。車内も同じです。フルフラットも大事ですが、その上のクッションがもっと大事なんです。

 

エアマットもお金を辛抱して2センチ3センチの薄いものでは効果半減です。最低でも5センチはいるかな。それ以上あれば家のベッドに近づけることができます。

 

逆にあまりに厚すぎると天井との距離が近くなってしまうので、圧迫感ができてしまいます。5センチから8センチのエアマットがちょうどいいかもしれません。

まずはフルフラットにシートアレンジできる車かどうかが1つあります。フルフラットにならなかったらエアマットも敷けませんのでね。まずはそこからです。

 

なぜエアマットがあったほうがいいかというと、私だけかもしれませんが段差が残っている状態だと熟睡できないんです。眠りが浅くなるのか何度も目が覚めます。

 

多分寝心地が悪いんだと思います。例えばリビングのソファーで寝た時に2時間くらいで目が覚めるときってありますよね。目が覚めたらなんか首が痛いとか。

 

それと同じような感覚で寝心地悪くて熟睡できないんだと思います。それがエアマットだと家のベッドと同じようなクッション感覚で寝ることができます。

 

これはすごく大事なポイントで、熟睡できるかできないかが車中泊好きになるかどうかのポイントとなる気がします。車中泊にはまっている人はみんな熟睡できる環境を車内に作っています。

エアマットがあったほうがいい理由も何も、寝心地が全然違うでしょ。車中泊においてはとにかくエアマットを敷けるスペースを作ることが一番大事だと思ってます。

 

そのスペースを確保してから、残りの空いたスペースに何を置こうかなって感じで部屋作りをしていくのが普通でしょ。

エアマットを使わなくても別に普通に寝れます。ただ1度でもエアマットを使って快適さが分かってしまうともう元には戻れないでしょうね。あるとないでは全然寝心地違うし。

 

快適さを知らないまま普通に寝続けるというのも1つの方法です。スマホと同じでスマホの便利さを経験しなければ持つ必要もないですから。

体験談をまとめると

エアマットの必要性は、必須アイテムかどうかは車中泊の頻度次第ってとこでしょうかね。お声にもあったように、年に1〜2回しか車中泊をしないのに専用のマットを買うのはもったいないです

 

家にあるマットで我慢したほうがよさそうです。でもあったほうがいいのは確かです。

 

私も以前の車で何回か経験した後に「この後何度も車中泊するんだからちゃんとしたものを買っておこう」と思って愛車の後部座席に合ったサイズのこちらのエアマットを購入しました。

 

やっぱり自動で膨らんでくれるとか小さく畳めるというのは大きなポイントです。夜の寝床作りって面倒なので自動で膨らんでくれるのはすごくありがたい。

 

しかも値段も3000円程度だから、それで快適な寝心地が手に入ることを考えたら「買い」だと思いますがいかがでしょうか。趣味として楽しむのであればエアマットはあったほうが絶対にいいですよ。

 

ただ私は現在HONDAバモスに乗っていて以前購入したエアマットがサイズが合わなかったので今は使っていません。今は敷き布団派となってます。

 


こちらのページもご覧ください。