九州の車中泊旅行はどんなルートで行くといいのか

九州には有名な観光スポットがいっぱいあるので、その有名どころを車中泊しながらゆっくり周りたいと考えているところです。まだ具体的に日程が決まったわけではありません。

 

ちょうどルートをどうしようかとプランを練っているところです。九州一周の車中泊旅行を経験されている方はどのようなルートで行かれましたか。

 

参考にしたいと思うので経験者の皆さんのプランを教えていただけたらと思います。それでは見てみましょう。


九州を一周する旅はルートが結構難しい

九州での車中泊旅行は温泉三昧で1週間のプランを立てました。フェリーで別府港に着いていよいよスタートです。竹田市で岡城址や竹田湧水群を観光した後に長湯温泉に入って1発目の温泉です。

 

宿泊先は「道の駅ながゆ温泉」にお世話になりました。そこからかなりのんびりとした1日1県のイメージで時間設定で宮崎へ。鵜戸神宮や青島神社を巡り道の駅フェニックスで車中泊しました。

 

翌日は九州の南にある鹿児島へ。桜島に行くのに車も一緒にフェリーへ乗り込みました。桜島かなりの迫力だったけど残念ながら天気が雨。車中泊は鹿児島市内のコインパーキングにしました。

 

有料だったため朝早くからパーキングを出て熊本へ。もちろん下道です。水俣・芦北と観光し、天草方面にも行きたかったのですがルート的にかなりの遠回りとなるため断念。

 

そのまま上いって熊本城を見て熊本市内のコインパーキングで車中泊。翌朝に阿蘇へ。阿蘇山火口に行きたかったけど入山規制があって上までいけずに断念。

 

阿蘇ファームランドという観光施設と動物番組で有名なカドリードミニオンへ行きました。車中泊は当然ながら道の駅阿蘇。ココは有名です。カドリーから近くて場所も見つけやすかったです。

 

翌日ゆっくりと準備して阿蘇の大観峰や小国の鍋が滝、湯布院へと観光ルートを渡って道の駅ゆふいんで車中泊。次の日に別府を1日観光して帰りました。

 

思いっきり九州の有名どころばかりを周りましたが非常に充実した車中泊旅行でしたよ。ただルート的に佐賀県と長崎県にいけなかったのが残念でした。九州一周と思っていたのに一周してないじゃないか。

高速道路で山口から九州に入ります。九州が目の前で関門海峡が間近で見られる壇ノ浦PAで休憩です。ここで5時間ほど仮眠させてもらって、朝方からいよいよ九州です。

 

九州に入ってすぐの門司港付近がかなりレトロな感じで抜群の観光地となっています。ここに1日いてもいいくらいの充実度でしたが、九州に入ってすぐで1日使うわけにも行かず午前中だけで門司港をバイバイ。

 

そこから九州自動車道を走らせて大きな目的の1つだった「太宰府天満宮」に行くために太宰府ICで降りました。伊勢神宮なんかと比べるとこじんまりとしていましたが(伊勢神宮と比べるほうがおかしいか)、大きな目的を達成できて大満足です。

 

もちろん名物の梅が枝餅も食べましたよ。出店でいっぱい売ってあるんですもん。まだ夕方でもう1箇所いけると判断し、佐賀の吉野ヶ里遺跡へ。

 

びっくりするほど広い敷地でしたが、あまり時間が取れずに1時間ほどで退散となりました。車中泊は高速に上がってからの金立SAにお世話になりました。

 

佐賀長崎では一番大きなSAなのか、結構にぎわっていて同じように車中泊しているであろう車が結構いました。翌日は大きな目的の1つハウステンボスです。

 

ここは丸々1日使います。入園時間に合わせてSAを出発して20分前に到着です。1日中遊びました。歩きました。足が棒になりました。宿泊はなんとハウステンボスの駐車場です。

 

キャンピングカー用?かわかりませんが、朝まで車を置いておける場所がありまして(有料です。2000円近くかかったかな)、そちらに車を移動すれば朝まで車を置いておけます。

 

同じようにしているキャンピングカーも何台もありました。翌日はそこから雲仙島原へ行きます。観光の後にフェリーで熊本へ。下道を南下し、芦北町の道の駅たのうらで車中泊させていただきました。

 

翌朝早くに出発し、次の大きな目的場所である鹿児島桜島へ。桜島を見たあとにそのまま宮崎へ。鵜戸神宮や青島など海沿いを観光していってそのまま道の駅フェニックスで車中泊。

 

朝になって大分県へ。別府の水族館うみたまご・2箇所ほど地獄めぐりをして別府で車中泊。場所は別府湾SAです。翌朝高速を走らせて北上し、北九州までいって当時閉園間近だったスペースワールドへ行きました。

 

1日思いっきり遊んで九州一周の車中泊旅行が終わりました。かなり騒がしい移動となりました。もう少しゆっくりと行きたかったのですが、移動時間が予定通りに行かなかったり。

 

車中泊場所となる道の駅やSAをもっと細かく調べておいたほうが良かったです。

九州一周ではありませんが、3日間かけて大分県をじっくり車中泊旅行しました。大分の別府港に入って初日は別府観光です。地獄めぐりをして水族館のうみたまごに行って、高崎山にサルを見に行って。

 

その日の夜は別府湾SAで車中泊しました。2日目は湯布院観光です。別府湾SAから湯布院ICで降りて丸1日湯布院です。駅付近の散策中に車の行き来が多かったのが気になりました。

 

2日目の夜は道の駅ゆふいんにお世話になりました。どちらも複数の車中泊利用者がいて、うるさい車の出入りもなく安心して眠ることができました。

九州は冬でも暖かいかなと思っていきましたが、やっぱり寒かったです。鹿児島でちょっとだけど雪が降ったときはびっくりしました。九州といえども防寒対策は万全にしておきましょう。

 

冬の九州旅行は食べ物めぐりをメインに考えました。各県でこれだけは食べたいというものをピックアップし、その食べ物に応じてルートを作っていきました。

 

関門海峡から九州に入り、下関のふぐ・博多のラーメン・熊本の馬刺し・鹿児島の黒豚しゃぶしゃぶ・宮崎のチキン南蛮・大分の鳥天の順番で旅行。

 

各県ごとに道の駅で車中泊しました。大分から下関に上がり九州をさよならしました。この九州のたびでは佐賀県と長崎県がいけませんでした。

 

だから今度は温泉めぐりをメインにルートを作り、長崎雲仙と佐賀県武雄あたりをルートに入れていけたらなと思います。

九州の旅で一番のメインが「やまなみハイウェイ」でした。すごく楽しみだったのですが、山の天気というのはなかなか希望通りには行かないものです。

 

雨は降らなかったのですが、厚い雲がかかっていて最高のロケーションには程遠い風景でした。しかも山の道だけに曲がり道が多く車酔いしてしまいました。

 

景色が爽快であれば酔いもなかったかもしれないけど。思い出としては阿蘇からやまなみハイウェイに入る途中にあった小国町の「鍋が滝」がすごくよかったです。

 

人生で初めて滝を見て感動しました。

 

車中泊での九州の旅はどこに行っても魅力的なのでルートなんてどうでもいいんじゃないかな。桜のシーズン、夏、紅葉シーズン、冬によってお勧めできるスポットも変わってきますし。

 

それによってルートも変わってきます。車中泊する場所も変わるでしょうし。基本的には九州の外枠に沿ってぐるりと1周する人が多いと思いますが、私的にはジグザグがいいんじゃないかと思います。

 

福岡スタートとすれば、佐賀から長崎、島原からフェリーで熊本へ、やまなみハイウェイ走って大分、下って宮崎から鹿児島へ、最後は高速道路でグイーンと福岡へ戻る。

経験談をまとめると

九州を一周するルートって難しいですよね。外側ルートを回るようにすると中心にある阿蘇方面に行きにくくなるし。日程的にどのくらい宿泊できるのかでもだいぶ変わってきます。

 

日程に余裕があるなら九州を8の字に周れるようなルートが設定できたら一番観光場所も多く周れるのかなと思いますがなかなかそう簡単でもないですね。

 


こちらのページもご覧ください