車中泊初心者にとっての必需品ものは何?

季節にもよると思いますが、車中泊で絶対に必要なもの(必需品)を教えてください。初心者にとっては何を持っていけばいいのかさっぱり分からない。

 

便利なものでいえば初心者の方と上級者の方では意見も違ってくるかもしれませんが、あったらいいなと必需品は違います。

 

必需品となると初心者も上級者もあまり違いはないのではないでしょうか。どのようなものを持っていくといいか体験談を見て参考にしてみましょう。


必需品は人や時期によっても違ってくるかな

後部座席のつくりによっても変わってきますが、やはり段差を減らすマットは絶対的な必需品ですね。車中泊というくらいだから寝るわけです。

 

しっかりと熟睡できないと起きた後の運転に支障が出てきますから。眠りグッズは絶対に必要なものです。

以前(10年ほど前)子供の夏休みを利用して車中泊をしながら1週間ほどかけて九州一周をしたことがあります。

 

その時の感じたは、1週間分の着替え・蚊取り線香・車を運転しながら充電できる携帯の充電器(モバイルバッテリー)・温泉センターでも寝るときのタオルケットとしても使えるバスタオルは必需品だなと思いました。

昔は今ほど車中泊も一般化していないしネットでの情報も少なくて必需品が何なのかよくわかりませんでした。

 

ポータブル電源もほとんど一般普及していなかったので、今思えばよくポータブル電源も持たずに1週間も車中泊旅行をしたなと思いますね。

車中泊旅行の必需品は「スマホ」です。厳密に言うと「スマホとスマホの充電器」ですかね。今の時代これがないと何も始まりません。出発前には持ち物チェックで再確認しましょう。

 

車中泊場所を見つけるのも近くの温泉センターを見つけるのも情報検索もなくてはならないものです。車内での時間つぶしにも使えますしね

車中泊で旅行で一番は寝る事です。後部座席がフルリクライニングシートでも、寝てみると結構凸凹があって寝にくいです。とにかく寝る場所をできるだけ足を伸ばして平らな状態にできるグッズを持っていくことです。

 

快適に寝るためのグッズ以外で必需品はないでしょう。ポータブル電源もあったほうがいいのは間違いないけどなくても寝れるし。

女性であれば窓の目隠しをするためのサンシェードは絶対に必要なものですね。これをつけるだけで安心して眠れるという人もいます。やはり外からの目って気になるんです。

 

これは男性の1人車中泊などでは結構つけずにそのまま寝ている人もいますが、女性の場合は安全面の観点から見ても必需品といえるでしょう。

絶対に必要なものは、物ではなく足を伸ばして眠れるスペースです。というか足を伸ばして寝れるような車です。車中泊も一泊程度であれば物が足らなくても何とかなります。

 

でも足を伸ばして寝れなかったら疲れも取れないし、熟睡できないし、エコノミークラス症候群といった危険もあります。多分「またすぐに行きたい」って気持ちにならないと思います。

 

必需品でいったらもしものときのJAFですかね。何かトラブルがあった時に対処してくれるロードサービスは絶対です。でも必需品(品物)じゃないか。

必需品は車内で時間つぶしができる物ですね。テレビでもDVDでもスマホでも本でも何でもいいから寝るまでの時間を有意義に過ごすための物です。

 

これを忘れると寝るまで何もすることがなくて暇でしょうがありません。暇を楽しむのであれば不要ですが、私はこれらがない車中泊はありえないです。

何といっても必需品はポータブル電源でしょう。今はいろんなタイプが出ていますよね。私は普及する前から車中泊していますが、これを所有する前と後では車中泊の楽しみ方ががらりと変わりました。

物に関してはすべてはあったら便利というレベルかと思います。忘れたからといって車中泊ができないものはありません。スマホの充電器だって見なければ必要ありません。

 

初心者にとっては車のバッテリーやガソリン残量のチェックをしっかりやっておくことですね。意外と車中泊のときって朝起きてエンジンかけて出発しようというときにエンジンがかからなかったりすることがあります。

 

車のバッテリーが弱まっていたりガソリン残量が少なかったりすると車中泊どころではなくなります。車の点検は事前にしておきましょう。

絶対に必要なものはスマホです。もう1つ言えばスマホを充電するための充電器・モバイルバッテリーですね。何かあった時にスマホがなければどうにもなりません。

 

今やスマホはあったら便利のレベルではなく日常においての必需品です。車中泊でも何かトラブルがあった時に「もしスマホがなかったら」って想像してみてください。恐ろしいでしょ。

夏の車中泊での必需品は「熱中症対策グッズ」です。夏の車内はすごいです。「熱中症になってください」といわんばかりの状況です。

 

エアコンを含めて冷却グッズや塩飴など対策できるものは必ず携帯しておきましょう。元気が一番大事です。

必需品って難しいですよね。ほとんどの車中泊グッズが「あったら便利」のものだと思うので、絶対に必要なものとなると人にもよるだろうし限定されてきます。

 

夏の車中泊でいえばブースターケーブルは必需品かもしれません。夏は車のエアコンをフル回転させる日が多いので酷使します。

 

エンジンを切って寝て朝起きてエンジンかけようとしたらかからないということがよくあります。「そんなことねえよ」って思われるかもしれませんがあるんです。

 

私もエンジンがかからずにブースター持ってなくてパニクっている人を何回か見たことあります。夏の車中泊となるとひょっとしたら夜だってエアコンつけるかもしれません。

 

1日中つけていることを考えたら十分にありえることですよ。夏のバッテリー上がりは注意しておきましょう。

経験談をまとめると

必需品はポータブル電源ということになりますかね。これには異論はないと思います。

 

単にポータブル電源といってもいろんなサイズがあるのでどれを買うかによっても用途が変わってきますね。その辺は車中泊を楽しむ本人が用途を考えて選ぶことでしょう。

 

スマホも同様になくてはならないものです。でもこれは皆さんもっていますね。要するに電源を切らさないようにしておくことが必須という意味です。

 

あとは体験談にもあったように、絶対に必要なものは季節によっても変わってきます。夏だったら熱中症対策グッズ、冬だったら防寒グッズ。

 

私は初めていくときには不安もあったので、事前に自宅ガレージで予行練習しました。予行練習するだけでも自分にとっての必需品が意外と見えてきますよ。

 


こちらのページもご覧ください