車中飯ではタケルくんを使ったほうがいいですか?

何度か車中泊をしているうちに車の中でも温かいご飯が食べたくなってきました。いろいろと形を変えて食事をとりたくなるんですよね。

 

食事だけならコンビニやスーパーで惣菜を買って道の駅に停めて食べればいいのですが、経験するうちにご飯の炊きたてを食べるという贅沢をしてみたくなってくるのです。

 

そこでネットを調べると「タケルくん」という車内用炊飯器が車中泊ラ愛好家の皆さんの中で大ヒットのようです。

 

これは購入する価値あるでしょうか。それとも他のもので十分に代用できるでしょうか。経験者の皆さんのお話をお聞きしたいです。それでは体験談を見てみましょう。


車中泊用に開発されたのかと思わせるタケルくん

タケルくんは徹底して車中飯用に作られたと思わせるような炊飯ジャーです。普通車用に12V用の車のシガーソケットから電源を取りご飯が炊けるというもので、普通車用に12Vとトラック用に24Vとがあるのです。

 

普通車でもトラックでも対応できるように作られているところが車中飯専用としてのこだわりがあります。普通の1人用の炊飯器と同じような作りですが、本体から釜が取り外せないことは注意しておく必要があります。

 

車内で作るわけですから米の洗いが出来ないので無洗米を使うようにしましょう。車内に搭載しているポータブル電源でも炊けるし、シガーソケットに差し込んで運転中に炊飯しておくことも出来るし非常に勝手のいい炊飯ジャーです。

タケルくんには12V用と24V用の2種類があるので、自分が使う車がどちらの設定なのかをまずは確認しておきましょう。

 

普通車のシガーソケットやポータブル電源を使用して炊くのであれば12Vから電源を取ることになるので12V用を買うようにしましょう。炊くのに必要なものは無洗米とミネラルウォーターです。

 

あとは電源があれば炊きたてが作れますよ。電源にもよるけど、約1時間で炊き上がります。それから10分蒸らしたら完成です。炊きたてを食べたいのであれば、食べる時間から逆算して準備しておきましょう。

私はご飯を炊くだけでなく、ちょっと調理をしたりお湯を沸かしたりもしたいので、タケルくんを別に購入することはしません。

 

炊きたてのふっくらご飯を食べたい時は、お店のパックご飯を買ってきてそれを湯煎して温めます。同じように炊きたてのご飯が食べれますよ。

 

ご飯だけ炊いて、おかずや他のものは全部できあわせで済ませる場合はそれでいいかもしれないけど、ご飯以外もちょっと作りたいなら他の調理器具も必要になりますよね。

 

カセットコンロを1個準備して、コンロでお湯を沸かしたりご飯を湯煎したりしています。コンロですべて済ませられるようにやっているので今のところタケルくんは必要ないかな。

 

あると便利なのは分かっているんですけどね。

車中泊youtuberの方々がいろんな形でレビューを出したり使ったりしているのをみていると私もすごく使ってみたくなりました。

 

タケルくんを買ってみた感想としては「あったら便利なのは間違いないけど、絶対にないと困るものでもない」ってところかな。もちろん私の勝手な使用感ですよ。こんなこと言ってるけど実際は大活用してるし。

 

使ってはいるけど、買ったから使っているだけで無いと困るものでもありません。持っていくのを忘れたらパックご飯を湯煎することで十分に代用できると思います。

 

車中泊を楽しむアイテムとして1個あるといいなと思えるものではありますよ。

このタケルくんのいいところは「運転中に炊ける」ところです。シガーソケットに差し込めば30分程度で炊き上がります。10分ほど蒸らしが必要ですが。

 

いずれにしても炊き上がるまでの間じっと待っておかなくてもいいのです。運転して車中泊場所に行く間に炊き上がってくれるのです。これはうれしいですよ。

 

車中泊で炊き立てが食べられるのは思っている以上にうれしいです。それまでは「別にコンビニのおにぎりでも良いかな」と思っていましたが、やっぱり炊き立てはおいしい。

買う前は「30分くらいでできる」と利いていたのですが、実際に使ってみると思っていた以上に時間がかかりました。蒸らしを入れると1時間以上かかりましたね。

 

でも炊飯の準備はすごく簡単で何も手間取ることはありません。普段から無洗米を使っているので自宅の炊飯器となんら変わりなかったです。

 

早さだけでいればパックご飯を湯煎した方が早いかもしれないけど、レトルト感がなくてこっちのほうが良いです。

タケルくんはすごく便利なものだし持っていて良かったなと思うんだけど、ポータブル電源で使うものじゃないかなって感じもします。

 

どうしてもシガーに比べて力が弱いし、炊き上がる時間が余計にかかったりするんです(私のポータブル電源だけかもしれないけど)。

 

運転中に炊飯することもできるので、車中泊場所についてから炊飯を始めるのではなく、運転中に炊いておいて場所についたらすぐに食べられるようにしています。

おかずはスーパーでもいいけど、ご飯は炊きたてが食べたいと思いタケルくんを購入しました。多少炊く準備が面倒なところはありますが、炊きたてが食べられて満足です。

 

釜をとって洗えないのが唯一残念な点です。消費電力も小さいし、炊き上がる時間も普通の炊飯ジャーとそれほど変わらないし買ってよかったです。

タケルくんが出てきた後に、他のメーカーも追随してどんどん似たような炊飯ジャーが出てくるのかなと思っていたら、意外と出てこないですね。タケルくんの1人勝ちなのかな。

 

キャンプではメスティンがあるからあまり使われていないかもしれないけど、車中泊では貴重な存在です。釜だけ取り出せて洗えたらもっといいんだけどなー。

結構車中泊の時でもメスティンを使っている人が多いようですね。特にキャンプも楽しんでいる男性は。タケルくんのいいところは火を使わずに炊けるところです。

 

キャンプであればじゃんじゃん火を使ってもいいでしょうけど、車内となると火を使うのに抵抗を持っている人も少なくありません。そういう場合にはタケルくんはもってこいのアイテムとなります。

とにかくカセットコンロやアルコールバーナーといった火を車内で使いたくないという方にはお勧めできるものだと思います。タケルくんは電源を使って炊くので火を使用しません。

 

しっかりとした容量のポータブル電源やシガーソケットの空きがあれば役に立つ商品ではないかと思います。ただエンジンを切った状態ではシガーソケットは使えないし、ポータブル電源もある程度容量がないと厳しいかな。

 

私は車中泊でもキャンプでもアルコールバーナーでご飯を炊くのでタケルくんの必要性は感じないけど、火を使わない人は持っておくと便利だと思いますよ。

経験談をまとめると

あったら便利であることは間違いないですね。私もタケルくんは持っています。ポータブル電源に差し込んで使えるので、自然災害で停電になった時なんかでも活用できるかなと思います。

 

パックのご飯を温めれば炊きたてが食べられるという意見もありましたが、タケルくんを使って車内でご飯を炊くという作業が「車中泊における1つの楽しみ」と感じている人もいるのではないでしょうか。

 

その気持ちは十分に分かります。ご飯のパックでいいじゃないかということではなくて、「あえて」使いたいんですよね。そう思わせてしまう魅力があると思います。

 

タケルくんの他にも姉妹品の「ムスヨ婆さん」やお湯沸かし専用の「ワクヨさん」なども一緒にそろえておくと車内での料理の楽しみ方が変わってきますよね。

 


こちらのページもご覧ください