アンカーテキストの分散

現在お申し込みが非常に多いため、作業開始まで1週間ほどかかります。

アンカーテキストはいくつでも分散が可能です

分散には対応されていますか?というご質問も頂戴します。どくだみどくだみちゃんではいくつでも対応しております。もともと5つのブログへの被リンクですので、5つとも同じアンカーテキストでも全く問題ない数ではあると思いますが、さらに安全性を考えて分散に対応いたします。

 

逆に5つとも分散に対応してしまうと、分散しすぎてターゲットがぼやけてしまうことも考えられますが、弊社としましては、分散の重要性を感じております。このアンカーテキストの分散は非常に重要と考えております。

 

たとえば、100個の被リンクがついたときに100個ともすべて同じ単独キーワード(たとえば「被リンク」とか)だけでつけてしまうとフィルターにかかる危険性が増しますよね。フィルターにかかる危険が増す理由は「不自然」だからです。

 

検索エンジンは不自然さを非常に嫌う傾向があるようですので、フィルターをかける場合があるかもしれません。そのサイト自体がすごく強力なドメインだったり、コンテンツが充実していたり、上位表示されている強いサイトであれば別かもしれませんが。

 

開設して数か月でまだまだコンテンツの内容も薄いようなサイトが「被リンク」といった大きいキーワードで100個もリンクがつくのは不自然。こんなときにもフィルターはかかりやすいようです。

 

だから、タイトル名だったり、URLだったり、また一気につけるのではなく時間をかけてじわじわつけたり。いろんなアンカーテキストに分けて被リンクをつけることが必要な場合もあるかもしれませんね。

店長のサラッとしたつぶやき

被リンクというのは、要するにサイトへのアクセスを増やすための手段ですよね。人に記事を書いてもらって、量を増やしたりとか、その点は企業でも個人でもやり方次第って感じだと思います。でももっともその記事で重要なのは、適度な感じだと思うんです。

 

あまりにも露骨に字数稼ぎしたりとか、キーワードを盛り込むのは本末転倒なわけですよね。だから、ほどほどにキーワードを含む記事が量産できるのが求められていることだよなて記事作成しながら思います。また、文章自体の自然な感じっていうのも重要ポイントですよね。

 

意味不明な日本語並べられても、見る人からすれば、何コレ?ってなりますし、グーグルにも目をつけられてしまいますからね。だから、あまり気合いを入れすぎないものをコンスタントに投入するのが被リンク対策の基本中の基本なのかなって思ったりします。5

ご提供中のサービス





〜記事や画像のコピーや転載は固く禁じます〜